Vol.5  2011.6.15『土台組み』

土台組みをご紹介致します。
①まずは、基礎パッキンというものを基礎の上に置いていきます!
 昔の通気口は特定の場所からしか換気ができないのですが、
 基礎パッキンを置く事で少しの隙間から全周換気が可能になり湿気を抑えてくれます!
 その上にようやく木が登場!!
 土台の木には、柱と違い小さい切り込みが無数に空いています。
 なぜ空いているのかといいますと、白アリの薬が良く染み込むようにできているからです!
 ここで蟻が上がってくるのをストップ!!
 ※黒いのが基礎パッキンです。
②土台は、アンカーボルト(金物)でしっかり固定します!
③土台と土台の間にできた穴に、ミラフォーム(断熱)を入れていきコンパネで全体をふさいで終了です。
tn10 tn11 tn12