Vol.2  2011.5.24『基礎工事①~着工~』

まずは基礎着工日の工事をご紹介致します!!
①まずは根切りです。
 根切りとは、家の外周をほっていく工事で、基礎工事の最初にする作業です。
 コンクリートを打設時の、型枠の設置の際必要になってきます。
②続きまして砕石事業です。
 砕石事業とは、基礎が配置される部分や根切り底を締め固めた後に砕石を敷きつめ転圧で固める作業です。
 ここで基礎のベースを作ります。
③この後に土壌処理です。害虫防止のため白蟻業者さんに薬をまいてもらいます。
 木造建築では、誰もが心配する白蟻ですが、ここで白蟻をストップ!!
④そして湿気が上がってこないように、その名の通り防湿シートをかけます。
 最後に捨てコンクリートを打って終了です。
 捨てコンはなぜ打つかと言うと、型枠の下地や墨だしにも最適で基礎の精度も良くなるからです。
 捨てるコンクリートと書きますが非常に重要な役割を果たしています!
 以上で着工日の業務は終了です!!
tn2 tn3 tn4 tn5