ハートの構造

強い家造り〜見えない部分が大切:ハートの構造〜

ハートフルホームが求めたのは、高耐震、高耐久、高断熱の3つ!! 家の土台となるベタ基礎から4寸角の通柱、筋交い、そして高温多湿の日本に合った工法など、全ての工程を徹底して行うことで「強い家」を実現しています。
強い家造りの為に地盤を徹底的に調査することから始まる「ハートの家造り」
頑強な基礎、丈夫な構造材で優れた耐震性を追求しております。

POINT 1鉄筋入りコンクリートベタ基礎

〜家をしっかり支える「鉄筋入りコンクリートベタ基礎」〜

強い家造りにこだわるハートフルホームは基礎部分の強度を重視して基礎工法に「鉄筋入りコンクリートベタ基礎」を標準採用しています。
建物の下全面に敷き詰められたコンクリートが建物の荷重をしっかり支え、分散させ、耐震性、耐久性に優れた、地震の揺れにも耐えられる強固な家が実現します。

鉄筋入りコンクリートベタ基礎

  1. ①コンクリートの下に、栗石を敷き詰め強固力点分散
  2. ②栗石とコンクリートの間には、湿度対策の防湿シートを採用
  3. ③立ち上がりは径10mm以上の鉄筋を200mm間隔で配筋

POINT 2筋交い・金物・剛床工法・防水

〜補強で安心、筋交い〜

筋交い筋交いは、構造体の耐震性を強める効果があり、建築基準法で必要とされている補強方法です。柱と梁の形づくる長方形は接合部の強度に余裕がないと、地震や暴風雨等の水平に加わる力をうけた時に、平行四辺形にひしゃげるように変形してしまいます。躯体の変形を防止するため、対角線上に筋交いを加えて三角形の構造を作ることで躯体全体の強度を高めます。

〜耐震金物を用いて建築物をより強固に!〜

木造建築の場合、簡単に数本の釘やかすがいで止める比較的かんたんな取付方では、引張力が加わった場合に付け根が外れてしまう危険性があります。それらを防ぐ為に弊社では耐震金物を使用しています。耐震金物を用いることで耐震性や強度を更にアップするとともに建物のゆがみや倒壊を防ぎます!

耐震金物

〜横からの力にも強い剛床工法を採用〜

ハートフルホームの床は耐火性、遮音性にも優れた「剛床工法」を採用しております。構造用床材を土台と梁に直接とめ、床をひとつの面として家全体を一体化。横からの力にも非常に強い構造を実現しています。

剛床工法

〜雨漏り対策〜

高温多湿の日本は、住宅瑕疵事故で一番件数が多いのが雨漏り事故になります。雨漏り事故を未然に防ぐ為にハートフルホームでは防水部分を検査する「追加外装下地検査」を第三者検査機関にて全棟実施しています。

ハートフルホームが「木造在来軸組立工法」にこだわる理由。
日本には季節ごとの気候の変化、四季の移ろいがございます。そんな四季の気候に柔軟に対応出来る最適な素材、それこそが木材だと我々は考えています。高い耐久性と耐震性を保ち、全て厳格な基準をクリアした構造材だけを使用し、またお客様のご要望による高いレベルでお応えしていくために、設計の自由度が高い「木造在来軸組立工法」は、狭小地や変形の敷地でも納得の家造りを実現するのに最適な工法だと我々は考えます。

POINT 3集成材

〜安定・安心の構造躯体を実証〜

集成材ハートフルホームでは通し柱4寸角(120mm)には集成材を採用。管柱は、3.5寸角(105mm)の集成材を採用。集成材とは、無垢材に比べコストは高いですが、完全に乾燥されており狂いが少なく、長い間安定を保つ木材です。「安定した強度」「根拠のある構造計算ができる」「将来にわたり害虫による被害も受けにくい」その内容からJAS認定木材のみを採用。青英の性質が違う木材がお互いの反りの力を交互に使い、いつまでも気密性の高い高性能な住宅機能を保つことができます。

  1. ①含有率15%以下に乾燥し、狂い・収縮を減少
  2. ②天然目に対し、1.5倍以上の強度性能を実現
  3. ③鉄筋の強度にも負けず、建物の軽量化を実現
  4. ④断面の大きい集成材は防火性能が高い
  5. ⑤断熱性に優れ、調湿能力は抜群
  6. ⑥耳や目に柔らかな素材
  7. ⑦半永久的な耐久性を実現

POINT 4床下・断熱材

〜床下をしっかり換気!腐食の原因をシャットアウト〜

家の寿命を縮める最大の敵は、建物の腐食の原因ともなる床下の湿気です。換気性能に優れた「基礎パッキン工法」は欠かせません。コンクリート基礎と土台の間に基礎パッキンを入れることにより、土台がコンクリートの湿気を吸収するのを防止。従来の約2倍の換気性能を発揮結露を防ぎ、土台の含水率を抑え、腐朽菌の発声を抑制します。床下換気が隅々までいきわたることにより、土台の腐れや白アリの発生の防止。また、カビ、ダニも寄せ付けず、結露やカビが発生しにくい快適な室内環境を実現します。

〜家を支える床束は腐らない白蟻に強い鋼製束を採用〜

鋼製束白蟻10年保証でお家をガード!床束には、湿気に強く、白蟻の心配もない鋼製束を採用!従来からの木製の床束とは異なり、長い時間を経ても木材が痩せったり腐ったりする心配もなく、高さも調整でき、メンテナンス等もほとんど必要ありません。

〜四季の住み心地を考えた断熱材〜

四季を通じて快適な暮らしを送るためには温室を左右する気密性・断熱性も大きなポイントとなります。ハートフルホームでは、「高性能グラスウール」を採用し、快適な住み心地を実現しています。