★水道管凍結に注意★

【水道管の凍結対策について】

この週末は非常に強い寒気が流れ込み
全国的にも氷点下の冷え込みとなる所が多くなります。

外気温が氷点下になるような日には、
水道管などの設備が凍結し、給水が不能になる事があります。
最悪の場合は設備が損傷したり
水道管が破裂してしまうことも考えられます。

そこで本日は水道管が凍結した場合の対策をお伝えします!!


水道管の保温

Point.1
水道管や蛇口など断熱材が巻かれていない部分に
布や気泡緩衝材などを巻き付けてテープで固定し、熱が逃げないようにします!

Point.2
メーターボックスの中では管がむき出しのことが多いため
布を詰めたりして保温します!


水道管が凍結したら

Point.1
水道管の凍結した部分が表に見えている部分であれば
タオルなどをかけてぬるま湯をゆっくりかけてください。

Point.2
このとき、熱湯は使用しないでください。
水の体積が急激に増えると水道管が破裂するおそれがあります。

Point.3
万が一水道管に破裂などの損傷が発生してしまった場合は
メーターボックス内の止水栓を閉めたうえで
水道局や弊社に御連絡してください。


対策を十分に取り
厳しい冬を乗り切りましょう!!!